ウェルタス銀座クリニック:乳がんの検査から治療まで。

カテゴリー: ドクターブログ, 乳腺, 病気のお話

昨秋頃からの乳がん検診のブームがピークを脱したような気がします。みなさんはもう受けましたか??ウェルタス銀座クリニックでは1年中受け付けています。

ガンの検診がブームになるのもおかしな話ですが、病気に対する興味を多くの方がもってくださったという点ではとても良いと思っています。「実は1年前からしこりがあって、気になっていたんですが、、、、、」と今回の波に乗って検査を受ける決心がついたという方もいらっしゃいました。検査を受けていただいて良かったと思います。

乳癌に関する情報が多く流通している昨今、乳がんの分野は世界規模で常にup dateされています。人種や地域による差もあるので欧米人のデータをそのまま鵜呑みにすることも出来ませんが、最新の報告を情報として活かせるよう日々勉強です。

今回は乳がんの検査から、乳がんの診断、治療までのおおまかな流れをご紹介します。

<診断までの検査>

検査は何度か紹介していますが、「視触診」、「マンモグラフィ」、「乳腺超音波検査」が基本的な検査です。もしこれらの検査で腫瘤が見つかった場合、より詳しく診断するための方法として「穿刺吸引細胞診」といって注射針を刺してしこりの細胞を一部取ってくる顕微鏡の検査があります。さらに多くの情報を必要とする場合(例えば乳がんならどんなタイプなのか、良性なら線維腺腫なのか葉状腫瘍なのか等の鑑別)には「針生検」という検査が必要になります。専用の針を使って腫瘤の一部分を削り取ってくる検査です。細胞診よりも採取量が多くなるのでより詳細な情報を得ることができます。これと同様にマンモグラフィをしながら針生検を行う「マンモトーム」という検査はエコーで腫瘤がわかりにくい非浸潤癌(DCIS)の診断に有用です。針を刺す検査では基本的に局所麻酔をして検査をします。

<乳がんと診断された後の検査>

基本的な検査だけで乳がんを強く疑った場合や、上記の検査で乳がんと確定診断された場合には全身の検査が必要になります。《がん》つまり悪性腫瘍の場合に忘れていけないのは《遠隔転移》があるかどうかです。リンパ節転移や肺転移、骨転移などがないかを調べるためにCT検査やMRI検査、骨シンチなどを行います。PET-CT検査を行う施設もあります。乳房のMRI検査は乳腺内の病気の広がりを見るのに必要な検査で、乳房温存術(部分切除術)が可能かどうかの判断にもなります。病気の大きさやリンパ節転移の有無、他臓器転移の有無によってTNM分類という病期(ステージ分類)が決まってきます。それによって、例えば腫瘍が大きい場合には手術の前に化学療法が必要になったり、個人別治療が必要になってきます。

<手術の種類>

手術は大きくわけて、ふくらみ(乳腺)を全部切除する「乳房切除術」と、腫瘍を含めた一部分だけを切除する「乳房温存術(部分切除術)」があります。現在は乳がんを取る手術と同時でも後からでも、乳房のふくらみを作り直す「乳房再建術」ができます。乳房再建術はシリコンを使う場合や背中やお腹の筋肉を利用する方法などがあります。また、乳癌が辿り着きやすいワキ(腋窩)のリンパ節に対しては「センチネルリンパ節生検(見張りリンパ節生検)」もしくは「リンパ節郭清」が行われます。これはリンパ節転移の有無や腫瘍の大きさによって選択が異なってきます。

<術後の治療>

術後の治療は「放射線療法」、「内分泌療法」、「化学療法」に分けられます。この時にどの治療が必要かは≪乳癌のタイプ≫と≪術式≫≪閉経の有無≫などが関わってきます。≪乳がんのタイプ≫とは、どんな治療が効くタイプか、ということです。ホルモンを抑える治療が効くのか、抗がん剤が効くのか、分子標的薬が効くのかというタイプ分けがされ、そのタイプに合う治療を行っていきます。閉経後で内分泌療法が効くタイプの場合には、アロマターゼ阻害剤(AI)が適応になります。これは一般的には5年間の内服治療です。また乳房温存術を行った方の場合は、乳房内の再発を予防するために放射線照射がセットになっています。治療方法や使用薬剤は多岐にわたりますので主治医の先生とよく相談し、支えとなるご家族にもよく理解していただく必要があります。

何も異常がなくても2年に1回は乳がん検診を受けてください。

乳腺・甲状腺外科、美容  永井

ウェルタス銀座クリニック(東京中央区):乳癌について~ピンクリボン月間~

カテゴリー: クリニック情報ブログ, ドクターブログ, 乳腺, 病気のお話

10月も最終週に入りましたね。乳癌について簡単にお勉強しましょう。

*乳腺について*

乳房は乳腺という母乳を作る組織と脂肪や靭帯、筋肉などで構成されています。乳腺組織は20代をピークに少しずつ脂肪に置き換わっていきます。乳腺は乳管と小葉という部分からなり(ブドウ房のようなイメージ)、いくつも連なって乳管は乳頭に向かています。小葉で作られた母乳が乳管を通って乳頭から分泌される、ということですね。

*乳癌について*

乳腺にできる悪性腫瘍を乳癌と言います。乳管の中でトンネルの中を這うよう広がっている初期の状態を「非浸潤癌(DCIS)」、管からはみ出して回りに広がるようにしこりを作っている状態を「浸潤癌」と言います。乳首を中心とした丸い乳房の中ではワキに近い方向(上外側)に出来ることが多いです。日本では年々乳癌になる数が増えており、年間50,000人以上が乳癌と診断されています。

*乳癌の危険因子について*

乳癌の発生には女性ホルモンのエストロゲンが関係しています。エストロゲンにさらされる時間が長い人(初潮が早く閉経が遅い、出産経験がないor高齢出産、ホルモン補充療法をしている等)や乳癌になった血縁者がいる人はリスクが高くなると言われています。現在の社会事情を考えると、女性の社会進出や晩婚化、少子化など、昔よりも乳癌のリスクは高くなっているかもしれません。エストロゲンが関係しているとなると閉経後はどうなのかと思う方もいるかもしれません。エストロゲンは女性に限らず男性にも存在し、閉経後の女性の場合には脂肪組織からエストロゲンが産生されるようになるので閉経後の肥満もリスク因子と言われています。

*乳癌の治療について*

乳癌は「全身病」と言う考え方をします。そのため、治療方法は一般的に手術、薬物療法、放射線療法の組み合わせになります。病気の部分を手術で切り取っておしまい、という訳にはいかず、転移や再発に対する治療や予防も行っていくというのが一般的な治療方法になります。いずれにしても早期発見、早期治療が大切ですので、40代以上の方やリスクがある方は検診を受けるようにしてください。

****************************

ウェルタス銀座クリニックでは乳癌検診(自費)、乳腺診療(保険診療)を行っております。気になる症状がある方や乳がん検診に興味がある方は一度お問い合わせください。

ウェルタス銀座クリニック 乳腺・甲状腺・美容 永井(火曜・女医)

ウェルタス銀座クリニック(東京 女医):原発性副甲状腺機能亢進症とは

カテゴリー: クリニック情報ブログ, 病気のお話

~病気のお話~

【原発性副甲状腺機能亢進症】

Q.副甲状腺ってどこにあるの?

A.首の前面には「甲状腺」という臓器があります。この甲状腺の背側に上下左右あわせて4つ(一般的には)の米粒大の黄色い臓器があります。これが「副甲状腺」です。どれくらい小さいかというと、正常な副甲状腺の平均的な重さは30-50㎎といわれていますので、ちょうど米一粒と重さも同じくらいです。

Q.副甲状腺は何をしているの?

A.副甲状腺は小さいですが立派に「副甲状腺ホルモン」を産生しています。一般的にはPTHと表記されます。採血項目ではintact PTHやwhole-PTHなどがあります。このPTHの主な働きは体内のカルシウム濃度の調整です。血液中のカルシウム濃度は、施設によって若干の基準値の差はありますが大まかに9 mg/dl前後と思ってください。どのように調整しているかを簡単に表すと、

「血液中のCaが低いな→PTHを分泌しよう→腸管からのCa吸収up、骨からCaを溶かして血液に移動させよう→→→血液中のCaが高すぎるぞ→PTHを抑えよう→→…..」

という流れになります。実際にはビタミンDなども関与してきますが割愛します。

Q.原発性副甲状腺機能亢進症ってどんな病気?

A.原発性副甲状腺機能亢進症は副甲状腺が病的に大きくなることでPTHが過剰に分泌される病気です。つまり、上記で言うところの「血液中のCaが高すぎるぞ→PTHを抑えよう」という部分が働かずに、「Caが高すぎるぞ→そんなの関係ない。PTHを分泌し続けるぞ」となっている状態です。この病気の症状は高カルシウム血症による症状(尿路結石、消化管潰瘍、膵炎、口渇、多飲多尿、悪心嘔吐、精神障害など)、高PTHに伴う症状(骨粗鬆症、関節痛、病的骨折、身長短縮など)があります。腎結石や骨粗鬆症の治療中に発見される方も多く、年齢とともに多くなります(高齢者では認知症と間違われる方もいます)。良性の腺腫や過形成、悪性の癌の3つの可能性があります。

Q.診断方法、検査方法は?

A.まずは年齢と上記のような症状があるか、家族歴があるかどうかを確認します。もちろん無症状の方もいますし、倦怠感が主訴という方もいます。採血ではCaとiPTHが高くリン(P)が低いというのが特徴的です。関節痛などの症状が強い方はALPが高い場合もあります。画像の検査としてはまず超音波検査があります。腫れて大きくなった副甲状腺は超音波(エコー)の検査で黒っぽい(低エコー)、血流を伴う腫瘤として観察することができます。その他にはMIBIシンチという検査で異所性副甲状腺(通常の位置よりも胸に近い縦隔にある等)を除外したり、骨密度を測定したり、周囲臓器との位置関係を確認するために造影CTを行う場合もあります。

Q.治療法は?

A.根治的な治療法は手術で腫れた副甲状腺を摘出することです。一つだけ腫れている場合がほとんどですが、場合によっては2つ以上腫れている場合もありますので腫れたものを摘出する必要があります。病的な副甲状腺は「腺腫」「過形成」「癌」のどのタイプであるかを病理検査という顕微鏡の検査で詳しく診断をしてもらいます。術前に癌を疑うような場合にはそれに接する甲状腺も一緒に切除する必要があります。年齢や合併症、全身状態の点から手術ができない方や手術を拒否される方の場合には内科的な選択肢もありますが根治的な治療ではありません。

Q.術後はどうなるの?

A.手術で腫れた副甲状腺を摘出すると、速やかにiPTHは正常値まで低下します。術中迅速iPTH測定を行う場合もありますが、その場合には病変を摘出した15分後の採血でiPTHが低下していることを確認しています。カルシウム値も正常に回復しますが、術前のCaがとても高かった人やALPの値が高かった人などは、打って変わって術後に低カルシウムとなる場合があります。その場合には手足や舌先のしびれ、手指のこわばりといった低カルシウム症状が出現しますが、カルシウム剤やビタミンDの補充で改善します。低カルシウムになるということは病変がきちんと取れているという証拠でもあります。PTHの命令に従って今まで身を溶かしてきた骨は、ここで待ってましたとばかりに血液中のCaを自分に取り込み始めるため余計に血液中のCaは下がりやすくなります。術前から骨粗鬆症があった方は術後も骨粗鬆症の治療が必要となります。病理診断が副甲状腺癌であった場合には定期的に通院していただく必要がありますが、その他の場合には合併症の治療がメインとなります。

********************

ウェルタス銀座クリニックには内分泌内科・内分泌外科を専門とする女性医師が在籍しており、上記疾患が疑われる方の診断~関係医療機関への紹介、術後の外来まで責任をもって行っております。

思い当たる症状がある方は一度ご相談下さい。